ページ: 1 2 >>

町田美容室 季刊誌:障害者就労と復興支援 町田の社福法人、2号発行 

パーマリンク 2012/05/06 01:11:42 著者: biyou1 メール
カテゴリ: Uncategorized

町田市の社会福祉法人・ウィズ町田(天野貴彦理事長)が、障害者の就労と東日本大震災の復興支援をテーマとした季刊誌「コトノネ」の第2号を発行した。好評だった創刊号は独立行政法人の助成で無料配布したが、2号以降は有料。天野さんは「できるだけ多くの人に手に取ってほしい」と呼びかける。【小林利光】
 天野さんは震災後に職員を宮城県などの被災地に派遣した。その際「障害者のための就労施設を再開しても仕事がない」「作った商品を売るところがない」などの声を聞いたという。
 そのため、現地支援のための物産展などを開く一方で、昨年夏から雑誌創刊の準備を進めてきた。「災害が起きてもやっていけるよう障害者施設の経営を見直すことは、全国的な課題だ。働く障害者のことを多くの人に知ってもらいたいとの思いもあった」と天野さんは振り返る。
 福祉関係者だけでなく広く読んでもらうことが狙いのため、編集・取材をプロの制作会社に委託。創刊号は町田育ちの戸羽太・岩手県陸前高田市長のインタビューや障害者施設の経営を考える座談会、サッカーJ2・町田ゼルビアの酒井良選手の被災地支援活動などを取り上げた。
 今年1月末に1万部を発行して全国の自治体などに配布したところ、「被災地の現状がよく分かった」「福祉事業を進める上でのヒントがある」と好評だったという。
 第2号は、宮城県石巻市からの報告や被災地の障害者施設で製作した商品の販売、大企業で働いている障害者のルポ、劇団こまつ座代表の井上麻矢さんのエッセーなど盛りだくさん。B5判カラー80ページで680円。ネットなどで定期購読を呼びかけるとともに、近くアマゾンでも販売するという

町田美容室 町田のビアレストランが7周年-ベルギービール中心の品ぞろえで個性化

パーマリンク 2012/04/29 17:09:42 著者: biyou1 メール
カテゴリ: Uncategorized

小田急町田駅前のビアレストラン「地ビール厨房 COPA(コパ)」(町田市原町田6、TEL 042-709-5361)が3月で7周年を迎えた。(町田経済新聞)

 2005年3月、青葉台店に次ぐ2号店としてオープンした同店。ベルギービールをメーンに、たる生とボトルの地ビール約120種類を取りそろえる。

 店舗面積は約30坪。店内は、ブラウンが基調の落ち着いた店内を多彩なビールメーカーのポスターやボトルなどで装飾する。席数は20席で、立ち飲みカウンターも備える。

 たる生ビールは、ヒューガルデン、ヴェデット(以上840円)、マレッツ(1,050円)、シメイ(1,155円)の定番ベルギービール4種類、ハートランド(504円)、ベアード(静岡県沼津市)とサンクトガーレン(神奈川県厚木市)の地ビール、季節限定ビールなど計8種類。

 フードは、ソーセージの盛り合わせ(1,050円)、ベルギー産ポテトのフリッツ(504円)、牛ほほ肉の地ビールシチュー、ベルギー産生ハム(以上714円)、マルガリータピザ(1,155円)、ペペロンチーノ(945円)、ブルーチーズのフリット(819円)など、「ビールとのマリアージュを考えた」創作料理を提供する。客単価は3,800円。

 横溝正志店長は「町田の飲食店は入れ替わりが激しいが、個性的な店が残っている。当店は30~40歳の方を中心に、『都心に出なくてもベルギービールを飲める店』として利用されている。これからもビールを楽しんでいただけるように日々努力していきたい」と話す。

 営業時間は、平日=18時~24時、土曜=16時~24時、日曜=16時~23時。月曜定休。

町田美容室 何ひとつ簡単な試合はない」。町田・アルディレス監督が27日の松本戦に向けて会見

パーマリンク 2012/04/25 18:08:41 著者: biyou1 メール
カテゴリ: Uncategorized

FC町田ゼルビアは24日、オズワルド・アルディレス監督の定例会見を行った。27日にはホーム町田市立陸上競技場で、J2昇格同期のライバル・松本山雅FCと対戦(19時キックオフ)する。JFL時代は全4試合を戦い、3勝1敗と町田が好成績を残しているが、指揮官は「私たちにとっては全てが試練。何ひとつ簡単な試合はない」と気を引き締めて戦うことを宣言した。

以下、会見コメント

-27日はJ2昇格の同期である松本山雅FCを対戦します。
「次の試合だけでなく、私たちにとっては全てが試練です。J2というカテゴリーは、とても、とても厳しいリーグです。なので、全ての試合が私たちにとっては厳しい試合になるでしょう。何ひとつ簡単な試合はありません。なので、次の試合も間違いなく、難しい試合になる思います」

-松本戦をスタートにGW期間中、4連戦とハードな日程となります。
「この4試合において、できる限りの勝ち点を取りたいですね。1-1で引き分けた前節の甲府戦のプレーに関しては、私は満足しております。ただもちろん、現在の勝ち点(7)は、喜ばしいことではありません。なので、この4連戦で勝ち点を積み重ねていきたいと思っています。そういう上でも、甲府戦はたいへん重要な試合でした。獲得した勝点1は、大変重要な意味を持つと考えています。とはいえ、まだ私が要求することの全てを、選手たちが出来ているわけではないので、引き続き厳しくトレーニングしていかなければいけません。守備のマークの部分や攻撃において、たくさんやることがあります。こちらがボールを保持している時は、もっと、もっと速くボールを動かさなければいけない。そういったことが追々とできるようになっていけばと思います。それ以外のところでは、現状、信じられないくらい良くなっています。私は彼らのような意欲的な選手を指導でき、本当に嬉しく思います」

-22日の甲府戦を振り返ると、いかがでしょうか? 連敗を4で止め、勝ち点1をつかみました。
「負けなかったことは心理的に大きかったと思います。勝ち点3を取ることに越したことはないですし、もちろん、勝つことが一番重要なことであることは間違いありませんが、心理面で、負けなかったことが大きかったですね」

-甲府戦で採用した3バックの評価はいかがですか?
「(今後も)3バックで試したい気持ちがあります。もし、この間の試合を3バックでやっていなかったら、引き分けることは難しかったかもしれません。自分たちのこれまでの試合を振り返ると、うまく試合を運んでいたのに、結果的に負けてしまっている。それはCKだったり、長身FWに対するリスクマネジメントに苦労したからです。後ろにDF3人いたことで、引き分けに持ち込めたのではないかと思います」

-これまでの課題はシュート数だと思いますが、増やすにはどのようなことが必要ですか?
「まず、攻撃に多くの人が参加することが大事です。とはいえ、ゴールというのは色々な状況があり、いろんな角度から生まれるもの。それに向けて自分たちがどれだけインテリジェンスにやれるか。数字的にいうと、数学的になってしまいますが、一人でも多くの選手が前線に絡むことになれば、決定機を多く作れるという理屈になります。少しでも多くの決定機を作るためには、攻撃に多くの人数をかけることを考えなければなりません。その中で、私たちのチームで改善しないといけないのは、ラストパスにおいて、その思いついたアイディアを、もっと正確に行うことです。FWの2人、勝又と平本に関しても、もっとゴールに貪欲になって欲しいですし、特に勝又はダイレクトプレーを増やしてほしい。ダイレクト、もしくはワンタッチコントロールをしてからのシュートをもっと狙わないといけない。ペナルティエリア内では(相手DFの寄せが厳しいため)時間がありません。速くシュートまでもっていかないとけいないでの、ダイレクトプレーが必要になるのです」

-再び松本戦の話に戻ります。松本サポーターが大勢、ホームスタジアムに来ることが考えられますが、町田サポーターにメッセージをお願い致します。
「日頃のサポートには、大変嬉しく思っております。この冒険は、大変美しくて、大変なものです。少しずつ良いプレーができているので、少しずつ勝ち点を積み重ねたいと思っています。町田市民の皆さんにとって、ゼルビアの存在が誇りに思ってもらえるように頑張って行きたいです」

町田美容室 スロープ崩落は設計ミスか 設計士ら立件へ

パーマリンク 2012/04/23 23:50:24 著者: biyou1 メール
カテゴリ: Uncategorized

東日本大震災で東京・町田市の大型スーパー「コストコ」のスロープが崩れ、2人が死亡した事故で、警視庁は設計ミスで崩落した可能性が高いとみて、設計士らを業務上過失致死傷の疑いで立件する方針を固めた。

 この事故は震災当日の去年3月11日、町田市のコストコ多摩境倉庫店の駐車場につながるスロープが崩れ、長沢えい一さん(当時74)と妻・洋子さん(当時66)が死亡、8人が重軽傷を負ったもの。町田市内の揺れは震度5弱で、スロープの耐震基準を超えてはいなかった。

 警視庁などによると、スロープと建物の間には排水溝があり、この部分から断裂して崩落した可能性が高いとみられているが、市に提出された設計図には排水溝の記載はなかった。警視庁は、設計ミスによりスロープが崩落した可能性が高いとみて、設計士らを業務上過失致死傷の疑いで立件する方針。

パルコ経営陣、絶体絶命の危機 イオンが森トラストと“包囲網”

パーマリンク 2011/04/12 16:59:55 著者: biyou1 メール
カテゴリ: Uncategorized

商業ビル大手パルコの経営権獲得を目指す流通大手イオン。パルコ経営陣の刷新を求めた提案をパルコ側に拒否されたことで、決着は5月開催予定の株主総会に持ち越される公算が高まった。イオンとパルコ筆頭株主の森トラストは連携し、株主総会で取締役選任議案に議決権を行使する方針。両社合計のパルコへの出資比率は45%超に達し、議案が可決される公算は大きく、パルコ経営陣は窮地に追い込まれそうだ。

 「極めて残念な結果。引き続きパルコとの協議を継続する」。イオンは29日、パルコへの提案が拒否されたことについてこうコメント。経営陣に提案を受け入れるよう引き続き交渉を進める姿勢をみせた。

 イオンの提案では、平野秀一社長らパルコの現在の5人の取締役のうち、牧山浩三取締役だけを残し、森トラストから2人、イオンから3人の取締役を派遣することを要求。牧山氏を社長に、イオンの松井博史執行役を会長にそれぞれ選任するとともに将来の子会社化を含めた資本関係の強化も求めている。

 イオンは、東京・新宿や渋谷など都心のファッションビル経営で成長するパルコの経営ノウハウを取り込み、都心を中心にした店舗網の強化を狙う。だが、パルコは「株式取得から1カ月も満たず、提案の検討期間が短い」と指摘。経営陣の刷新も「テナントや従業員の理解を得るのは難しい」と拒否した。

 だが、イオンはもともとパルコ経営陣と対立関係にあった森トラストと「共同戦線」を張ることで合意。パルコ経営陣に対する包囲網を整えた。

 パルコ側は買収防衛策の発動が可能か検討している。株主総会で過半数の委任状を獲得すれば対抗も可能だが、イオン・森トラスト連合がすでに45%超を保有している点をみる限り劣勢は明らか。対立のまま5月の株主総会に突入するのか、それとも妥協点がみいだせるのか。パルコ経営陣に残された時間は少ない

1 2 >>

2016年12月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

XMLフィード

16ブログ     blogtool